スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Super-Takumar 28mm F3.5

JUGEMテーマ:洋食

(※何度もいいますがグルメ系ブログではありませんのでご注意願います)

 

おはようございます。山口です。

 

まだ余震が続きますね。全国の皆さん牛乳買ってください

あとね、自粛の自粛をお願いします。金使える人は金使って、経済をまわす。これも復興支援の一つだと思いますよ!

 

 

ということで、

 

先日帰省した嫁を迎えに江別へ

帰りにランチをと思い立ち寄ったのがこちら

 

    super-takumarらしい豪快なゴースト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.BOB
ジャンル:洋食屋
アクセス:JR函館本線(小樽-旭川)野幌駅北口 徒歩11分
住所:〒069-0817 北海道江別市野幌代々木町77-1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 江別・北広島・恵庭×洋食屋
情報掲載日:2018年10月14日

 

 

 

 

 

 

レンガの街ともあり、周辺はレンガ造りの建物が多かったです。

f5.6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内は意外と広く明るめで、常連客の老若男女で賑わっておりましたが

すぐに座ることができました。

 

そして料理

オススメのミックスプレートをチョイス。   

暗めの室内では開放でもiso高めになります。開放f3.5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーグ・チキンソテー・エビフライがセットになった

ハイカロリー3点セット!!!

 

ハンバーグはかなりの自信作ということであったので押さえておきたかったし

鶏肉好きだし

なんかフライが食べたかったんでよねー

 

というかたにオススメです笑

チキンはかなりニンニク効いているので、この後予定のある方は要注意!

 

ちなみに嫁はこれ

カメラ素人の嫁が撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもなんかすごいことになってますね

茶色いのはカレーではなくビーフシチューだそうです。

 

皆さんも近くに行った際はオススメですよ。

 

 

 

そして、今回のレンズについて

スーパータクマーは言わずと知れたアサヒペンタックス一眼レフ用

レンズですね。

オールドレンズ 入門者にはオススメです。M42マウントですよ。

コーティングが単層コートであるため、逆光時のフレアゴーストの発生が強いです。

 

レンズ本体が小さめ。APSーCのカメラに取り付けても換算42mmですので、

手軽に持ち運びできそうですね。

ただ、開放F値がF3.5とやや暗めであるため、今回のような室内撮影や夜間は

少し工夫が必要かもしれませんね。

 

オールドレンズ入門には最適。そして最もオールドレンズらしい描写の

PENTAX Super-Takumarシリーズ。程度にとよりますが数千円で手に入ることも

できるので今のうちにゲットしておきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇今回の機材

・sony α6000

・Beschoi M42ーNEX  マウントアダプター

              

埃を取る

こんばんわ。ヤマグチです。

というわけでさっそく


私の機材ちゃんたちの埃を取ってます。



古いものは手入れが重要。


いつまでも使っていたいですから。


見渡してみると


FDが多いですね。

というのも


写真を始めたきっかけはこのFT


この頃から密かにあつめてたんですよね。


なんかいつまでも世代を超えて使えるっていいですよね。最近の使い捨てとは違う。



オールドレンズ にはそんなロマンがあります。


OLYMPUS G.ZUIKO AUTO-W 35mm f2.8

JUGEMテーマ:インドカレー

 

※グルメブログではありません。

 

こんばんわ。ヤマグチです。

今日のレンズはこちら!

 

「OLYMPUS G.ZUIKO AUTO-W 35mm f2.8」

 

初OLYMPUSです。

今やマイクロフォーザーズ機でおなじみ「OM-D」や「PEN」で有名ですね。

 

そんなコンパクトなOLYMPUSは昔からコンパクト!

マウントアダプタを取り付けてこの感じ
ちょっとわかりにくいかな

 

そんなコンパクト(わりとコンパクトは重要じゃない)を持って

嫁と隣町にあるインドカレー店に行ってまいりました。

 

 

木の影が。。。 ISO100 1/400 f8.0 AWB (RAW現像)

 

店先にはこんな象の像がお出迎え。

インドゾウなのか?

インドゾウがお出迎え ISO100 1/80 f11 AWB (RAW現像)

 

 

店内に入るとスパイシーな香りとアジアンな雰囲気が特徴的な内装(写真撮らず)

BGMはアジアンな・・・・とおもいきやHIPHOP系の曲かな。

 

席はこんな感じ  ISO1600 1/30 f2.8 AWB (RAW現像)
コップはぺ◉シ ISO2000 1/30 f2.8 AWB (RAW現像)

 

薄暗い室内でしたので開放で撮ってもf2.8ならちょっと辛いかなという感じでしたけどね、

α7なら手ぶれ補正もついてますからどんなレンズでもバッチリ。

 

そして肝心のカレー

 

わたしはあろうことかナンがあまり得意ではないため

チーズナンセットをチョイス。あと10円クーポンでラッシーも笑

辛さ4番(辛口の激辛寄り)チーズナンは食べれたけど量が・・・
ISO1600 1/30 f5.6 AWB (RAW現像)
噂の10円ラッシー ISO3200 1/30 f4.0くらい AWB (RAW現像)

 

 

 

 

嫁も同じようなセットでしたがチーズナン4枚は多いということで普通のナンセットを。

少し普通のナンをもらいましたが、かかとの方はカリカリで美味しかったです。(ナンって足の形してるから…)

あとラッシーって飲むヨーグルトと何が違うんですか?ってくらい飲むヨーグルトでした。

35mだからちょっと引き気味に ISO1600 1/30 f2.8 AWB (RAW)

 

 

そんなこんなで休日の昼食を拙い食リポを交えながらお伝えしましたが

気になるレンズについてですが、今回は薄暗い室内ということもあり、開放気味の写真も多いですが意外にしっかり写るなという印象。

最初のインドゾウなんか絞り込むとかなりシャープに写ります。

今度は逆光なんかどうなのか試してみたいです。ボケも気になる・・・

 

あとFD35mmf3.5との比較なんかも面白そうですね。

 

今回のカレー ではなく レンズの評価を一言で

 

「小さな巨人 OLYMPUSおそるべし」

中古相場は5000円前後というところでしょうか。

 

みなさんも中古屋さんで見つけたら高くなる前にゲットしてみては??

 

使用カメラ・・・sony α7

マウントアダプタ・・・BESCHOI

RAW現像ソフト・・・Adobe Photoshop Lightroom classic CC

(レンズの性能をよりわかりやすくするためコントラストと彩度はセンターにしております。)

 


 

 

 

 

 

 

 

オールドレンズで撮ろう

こんにちは。ヤマグチです。

ブログ開設初の投稿はやはりこちらで行きましょう

 

巷で流行りだしているオールドレンズ。私も類にもれずオールドレンズ 愛好家の一人です。このブログではそんな私が日常的に

自然と使っているオールドレンズをいろいろな形で紹介していけたらと思います。

 

 



  • そもそもオールドレンズとは

 オールドレンズとは、読んで字のごとく「古い昔のレンズ」ということ。主にマニュアルフォーカスカメラ(現在のカメラは自動でピントが合ってしまうオートフォーカスですね)のレンズを指します。最近のデジタル用レンズと比較し、レンズ性能が悪い(逆光に弱い、ピントが甘い、像面が歪むなどなど)ことが特徴です。一見デメリットばかりの不便なモノと思われがちですが、その独特なボケ味や豪快なフレア・ゴーストがむしろ新鮮で味のある写真が撮れることで、人気が上昇中なんです。いわゆる『インスタ映え』写真も撮れます。

 オールドレンズは、メーカー等々により個性が様々。同じようなレンズに見えても、撮ってみると色味やボケ味が全く違うため、違いをあれこれ探っているうちにレンズがどんどん増える『オールドレンズ沼』には要注意です!!

 中古で比較的安価に購入できることも特徴です。しかしながら、私のようにミラーレスカメラに装着し使用できることでオールドレンズの人気が近年上昇しており、中古相場が数年前より高騰しているのが現状ですので、気になるレンズを見つけたら、早めに購入しておくのがいいかもしれませんね。

 


豪快な『バブルボケ』
豪快なバブルボケ

 

 

中央右上にゴーストの発生


 


  • 使用機材のはなし

◉sony α7掘淵侫襯汽ぅ坤潺蕁璽譽后

◉sony α6000(ミラーレス)

◉sony RX100(コンパクトデジカメ)

   

 オールドレンズを使うにはまずミラーレスカメラ+マウントアダプターを用意してください。ミラーレスを使うには様々な理由がありますが長くなるのでここでは割愛します笑マウントアダプターとはレンズのマウント(ボディとの接合面)のタイプが各社で異なりますので使用するミラーレス用に変換するためのものです。アマゾンなどの通販でも入手でき、数百円から数万円とかなりピンからキリまでありますが、私は「K&Fconcept」や「BESCHOI」といった中国製のマウントアダプターを使用しておりアマゾンなどで売られております。

 もし、手持ちのミラーレスカメラがあるならぜひ試してみてくださいね!!



 

 


こちらもご覧ください!

 

【Instagram】http://instagram.com/masato_yamaguchi830/

【Web gallery】http://masato830.myportfolio.com/

 

 

 

 

1